いなかの薬剤師

蜂蜜と鎮咳作用について~小児には特に有用?~

calendar

reload

蜂蜜と鎮咳作用について~小児には特に有用?~

なるべく子供に薬自体を飲ませなくない親は多い印象
そんな場合、「咳」に関して「蜂蜜」が有用である可能性があるので紹介
おまけ:ボツリヌス菌症について

スポンサーリンク

①効果について

蜂蜜はデキストロメトルファン(メジコン®)並みの鎮咳作用があると言われている
「寝る前」に摂取するのがよい。また、ココアやミルクに溶かして飲むのがオススメ

急性の咳嗽(がいそう) に対する効果の報告が幾つか存在する。

※蜂蜜は1歳未満には使用禁忌である

②報告について(データベースより引用)

2つの報告を以下に示す。
Cochrane Database of Systematic Reviews, Version published: 10 April 2018より

・「ハチミツを最大3日間摂取した場合に、プラセボおよびサルブタノール(肺気道を拡張する薬剤)と比較して、咳嗽症状を軽減する可能性がある。ハチミツは、咳嗽を緩和して小児の夜間睡眠時に咳嗽の影響を軽減する効果が、無治療よりも高いと考えられる。」

・ 「あらゆる咳嗽症状に対して、ハチミツとデキストロメトルファン(市販の鎮咳薬の成分)の作用の差、ハチミツ単独とハチミツ+ブロメリン併用の作用の差は、ほとんどないか、まったくないと考えられた。ハチミツは小児の咳嗽の緩和と軽減にジフェンヒドラミン(抗ヒスタミン薬)よりも有益な可能性がある」

③蜂蜜が1歳未満にダメ(禁忌)な理由

・乳児ボツリヌス症になる可能性がある

1歳未満は腸内環境が未熟なため、 消化管内でボツリヌス菌が増殖し、毒素を出してしまう。

症状としては、「便秘」、「首のすわりが悪くなる」、「泣き声の変化」「筋力低下」
など様々。

1歳以上であれば、通常は、腸内細菌の方が強いため何も起こらない 。

※腸が何かしら弱っていたり、抗菌薬を使用中は起こることがある

④おまけ:ボツリヌス症について(第四類感染症)

ボツリヌス症はボツリヌス菌が産生する神経毒素によって起こる
「神経麻痺性」の中毒性疾患。

※ボツリヌス菌:熱に強く、加熱や料理で失活しない(耐熱性は、120℃,4分)
芽胞を形成する偏性嫌気性菌

※違い~増殖する場所・毒素を出す場所が違う~

・ボツリヌス菌食中毒
食品中でボツリヌス菌が増殖し、毒素を出す。
それを摂取することで食中毒が起こる

・乳児ボツリヌス症
1歳未満の乳児が、ボツリヌス菌の芽胞が混入した蜂蜜を食べる。
その後、体の中で増殖したボツリヌス菌が毒素を出すことで発症する

参考文献・資料

・小児の急性咳嗽に対するハチミツ
Cochrane Database of Systematic Reviews, Version published: 10 April 2018

・ハチミツを与えるのは1歳を過ぎてから(厚生労働省)