いなかの薬剤師

ピルシカイニド(サンリズム®)とベラパミル(ワソラン®)の違い~頓服薬として~

calendar

ポイントは、脈に影響するのか?しないのか?である
おまけ:心房細動と心拍数

スポンサーリンク

①ピルシカイニド(サンリズム®)について

脈拍のリズムを正すイメージ(リズムコントロール)

・ Vaughan-Williams分類では、Ic型に分類されている

・特徴的なものが、「Naチャネルのみ」を遮断するということ



刺激伝導速度を抑制する



「脈泊」に影響しない



通常「脈をゆっくりする作用がない」 

※このイメージはとても大切

このおかげで、血中濃度上による心外性副作用がほとんどない

※Ⅰ群の中には、Kチャネル抑制作用を有する薬剤もある



Kチャネル抑制作用によりQT延長を引き起こす可能性がある

例:ジソピラミド(リスモダン®)、シベンゾリン(シベノール®)

・半減期(4時間程度)が短く、「線形」の体内動態を示す



体から排出されるのが速い

・腎排泄型(他の不整脈の薬より透析性がある。30%程度)

※腎臓が悪い人には、使いにくい

・催不整脈作用に注意

強いナトリウムチャネル抑制作用があるため、
伝導障害により「リエントリー性頻拍」や「徐脈」を引き起こすことがある

②ベラパミル(ワソラン®)について

脈拍をゆっくりさせるイメージ(レートコントロール)

・ Vaughan-Williams分類では、Ⅳ型に分類されている



Caチャネルを抑制する


心筋におけるカルシウムイオンの筋細胞への流入を抑制



房室結節に作用して房室の伝導を遅延させる



心臓の拍動を遅らせる作用がある

・半減期(2~7時間)であり、肝代謝

③使用例

・「心房細動」では、脈が早くなったりするのでピルシカイニド(サンリズム®)だけではなく、ベラパミル(ワソラン®)を重ねる医師もいる。
「脈」がどうかで判断が必要だろう。

個人的に経験した症例

先日、来局された患者さんは、最初サンリズム®頓服のみだったが、
大きな病院で精密検査を受けて「心房細動」が分かった。
その後、イグザレルト®、メインテート®が定期薬となり、
サンリズム®、ワソラン®が頓服となった。
(日常の脈拍が100を超え、不整脈自覚時に150程度ある方)

服薬指導において、「脈拍」の確認をして頓服薬の意味を説明すると
よいと個人的には思う。

心房細動の心拍数調節の目標について(ガイドラインより)

緩やかな目標心拍数で開始する

安静時心拍数110拍/分未満

自覚症状や心機能の改善が見られない場合

安静時心拍数80拍/分未満
・中等度運動時心拍数110拍/分未満


とされている。

※心房細動と心拍数(ガイドラインより引用)

「心房細動中に130 拍/min 以上の心拍数が持続すると, 左室拡張不全が生じうっ血性心不全を惹起する.器質的心 疾患がなくても,高頻度の心拍数の心房細動が持続すると 心不全となる.これを予防するために心房細動中の心拍数 を130 拍/min 以上にしないことが重要である」

→心房細動の人で頻脈が続くと心不全を起こしてしまう

参考資料
サンリズム®添付文書・インタビューフォーム
ワソラン®添付文書・インタビューフォーム
心房細動治療(薬物)ガイドライン(2013年改訂版)

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 高尿酸血症・痛風

痛風と偽痛風について~共通点と違い~
more...