いなかの薬剤師

スルホニル尿素(SU)薬と速攻型インスリン分泌促進(グリ二ド)薬の共通点と違いについて

calendar

reload

スルホニル尿素(SU)薬と速攻型インスリン分泌促進(グリ二ド)薬の共通点と違いについて

ポイント:どの段階の血糖値をターゲットにしているか?
併用は基本的にNG・向かない
あくまでも基本は、食事療法・運動療法
おまけ:併用に関して武田薬品工業からの回答

スポンサーリンク

①共通点について

・スルホニル尿素薬と速攻型インスリン分泌促進薬の作用点は同じである

・簡単な作用機序

膵臓のβ細胞の膜上にあるスルホニル尿素受容体に結合



ATP感受性Kチャネルを閉鎖



細胞膜の脱分極が生じる


電位依存性カルシウムチャネルが開く(開口する)



細胞内のカルシウム濃度が上昇



インスリンの放出が促進される

・低血糖のリスク

・肝障害

・体重増加(グリ二ドの方が少ない)

※なぜ?体重増加するのか?

・エネルギー消失が減る

SU薬の作用により、細胞への糖の取り込みが増え、尿糖が減少する。
つまり、エネルギーを体内に留めるため体重が増加する可能性がある
(摂取カロリーも注意が必要)

・インスリン自体に筋肉・脂肪を増大する作用がある。
同化ホルモンとしての作用

「体重増加」はインスリン抵抗性の増大につながるので
薬局でも確認していく必要がある

②違いについて

スルホニル尿素(SU)薬

ポイント:「空腹時」血糖を下げる目的

・作用時間が半日から1日と長いため低血糖が蔓延しやすい傾向



夜間低血糖にも注意が必要になる

・「食前」「食後」どちらでも服用可能

・腎機能低下者に対して

SU薬はクレアチニンクリアランスが30以下だったり透析の方には「禁忌」

速攻型インスリン分泌促進(グリ二ド)薬

ポイント:「食後」高血糖を下げる目的

・作用時間が3~4時間程度

SU薬に比べて作用が速く出現し、作用時間が短い
※だいたい15分くらいで効果が現れ 30分ぐらいでTmaxに到達する



ここで考えるべきは、グリ二ド薬を服用してから時間が経って、
ご飯を食べ始めると低血糖につながってしまう。



グリ二ド薬を飲んだらすぐご飯を食べること
(各グリ二ド系に食直前何分以内に服用とか一応決まっているが面倒)



「いただきます」の時に服用すると良い

※食べている途中の服用も注意が必要。食後しばらく経ってから
低血糖を起こすことがあるので・・・

・「食直前」で服用すること

・透析を必要とするような腎機能低下者に対して

禁忌→ナテグリニド(ファスティック®、スターシス®)

慎重投与→ミチグリ二ド(グルファスト®)とレパグリニド(シュアポスト®)

おまけ:併用に関して武田薬品からの回答

「同じ作用点なので併用はしないこと」というのがイメージとしてあるのだが、

武田薬品への問い合わせてみたところ
「目的」が違うので保険で通る可能性はあるとのこと
本当だろうか・・・
併用する必要性をコメントとして入れればいいのろうか
保険が通る都道府県があれば教えていただきたいです。
知っている方がいましたらコメントお願いします。

参考資料
各薬剤添付文書・インタビューフォーム
武田薬品への問い合わせ

folder 高尿酸血症・痛風

痛風と偽痛風について~共通点と違い~
more...