いなかの薬剤師

せん妄(夜間せん妄や原因)についてざっくりと~認知症との違い~

calendar

reload

せん妄(夜間せん妄や原因)についてざっくりと~認知症との違い~

認知症との違いや原因薬剤を理解することが大切

スポンサーリンク

①せん妄について

定義

ポイント:「可逆的」ということ

「認知症では説明できない認知機能の障害を伴う、
急性で可逆的な意識水準の変化した状態」

状態・症状

「錯覚」・「妄想」・「幻覚」・「見当識障害」・「興奮」・「不穏」・「睡眠障害」など

※見当識障害:自分がどこにいるか分からなくなっている状態

※認知症と間違えられることがある。「違い」の理解は大切

発症までの期間とどれくらい続くのか?

発症は数時間から数日が多い。

どれくらい続くのか?

10日から12日のことがよくある。
1ヶ月くらい続く例が15%くらいある。

※夜間せん妄
夕方から夜中など夜間に悪化する例がよく見られる。

発症頻度

外来でも問題となるが入院中の方が深刻
入院中の高齢者の10~30%はせん妄を経験すると言われている。
さらに入院中にせん妄が起きたとき、
入院中の死亡率は20~75%にも達すると言われている。

②せん妄と認知症の違いについて

ポイント:時間的経過が違う。以下に比較した形で記載

せん妄

・いきなり発症する

特に夕方から夜間が注意

・可逆的なこともある(通常数時間から数日)

・注意力が影響を受ける

・「部分的」な認知機能の障害

・環境因子・病態・薬剤が原因

・意識レベルが低下(イライラ・不安・不眠、幻覚、妄想、興奮)

独り言や暴言を言い始めたりする。

認知症

・割とだんだんと進行する。

1日のうちでの変動が少なく 日内変動少ない。

・「意識障害」や「幻覚」は少ない

・記憶が障害される

「全体的」な認知機能障害

※認知症に意識障害やせん妄が加わると鑑別が非常に困難

③原因薬剤について

薬剤が原因のものはどれくらいあるのか?
せん妄全体の10~20%であるため、
薬剤師として原因が薬物にあるのでは?と アンテナを張ることは大切

機序ははっきりと分かっていない。

原因となる伝達物質

アセチルコリン、ノルアドレナリン、グルタミン酸、ドパミン、
グルココルチコイドなどが関与していると考えられている。
(コリン性、γ-アミノ酪酸GABA、ドパミン性)

つまり、「これらに影響を与える環境や薬剤」が原因となる。

環境因子

低血糖、低酸素、脳機能異常(脳梗塞など)、
電解質異常(脱水など)、 ビタミン不足(ビタミンB1、B12など)
普段と違う生活によるストレス(入院など)

※先日服薬指導した患者の家族も肺炎と脱水症での入院だったが、
入院中に暴言を吐いたり、精神的におかしく なったと言われていた。
もしかしたら「せん妄」かもしれない。

薬剤の例

抗コリン薬(抗パーキンソン病薬、認知症治療薬、泌尿器系薬など)
抗うつ薬(セロトニン作動性薬、SSRI、SNRIなど)
抗精神病薬(三環系、四環系)
抗ヒスタミン薬(H1とH2)
GABA受容体を抑制する薬剤 (抗不安薬、睡眠薬、アルコール)
ホルモン系の薬(副腎皮質ホルモンなど)
オピオイド など

暗記するのではなく、伝達物質を考えて
要因となるものをイメージするのがオススメ

参考資料・文献
井上真一郎etc がん患者と対症療法 2011;22
布宮伸 ICUとCCU 2012;36:507-513