いなかの薬剤師

リーバクト®とアミノレバン®の違いについて~フィッシャー比(fischer比)と肝硬変について~ 

calendar

reload

リーバクト®とアミノレバン®の違いについて~フィッシャー比(fischer比)と肝硬変について~ 

質問:アミノレバンEN配合散はいつの服用がいいですか?~LESの観点から~

スポンサーリンク

①肝硬変とフィッシャー比について

・肝硬変のとき、肝機能が低下する



肝機能が低下することで芳香族アミノ酸AAAの代謝が下がる
(AAA:フェニルアラニン・チロシン)



分岐鎖アミノ酸であるBCAA(バリン・ロイシン・イソロイシン)
は主に「筋肉」で代謝される



AAAが上昇し、BCAAが低下する
※肝機能低下するとBCAAという分岐鎖アミノ酸が不足してしまう



BCAA/AAA比が低くなる。
このバランスをフィッシャー比という (肝機能の指標のひとつ)

・AAAが上昇すると、AAAは脂溶性のため血液脳関門を通過して脳内に入る



 肝性脳症を引き起こす



BCAAを補給してバランスを是正する必要がある

※食事は低タンパク質が推奨される
※BCAA製剤を服用する。(リーバクト®やアミノレバン®EN)
※経口BCAA製剤は肝硬変の薬物治療の中心で
血清アルブミン3.5g/dL以下の低アルブミン血症の方は必須

②リーバクト®とアミノレバン®ENの違いについて

リーバクト®

分岐鎖アミノ酸製剤
分岐鎖アミノ酸であるBCAAのみの組成
血中アミノ酸のバランスを是正してアルブミンの合成促進

適応症
非代謝性肝硬変患者の低アルブミン血症の改善

4.15g/包
1包 約16kcal(リーバクト®配合顆粒)また
1個 約17kcal(リーバクト®配合経口ゼリー)

アミノレバン®EN

肝不全用経腸栄養剤
芳香族アミノ酸を制限しBCAAを多く含む。
タンパク質、糖質、脂質とビタミン、微量元素なども含む。
脳症の改善のみではなく栄養状態の改善効果あり
牛乳アレルギーに禁忌

適応症
肝性脳症を伴う慢性肝不全患者の栄養状態の改善
50g/包

肝硬変時はエネルギー代謝異常もあるので LESが推奨され、
LESにはカロリーが200Kcalほどのアミノレバン®の方が向いている

質問:アミノレバンEN配合散はいつの服用がいいですか?~LESの観点から~

・肝臓機能が低下すると肝臓でのアンモニアの解毒作用が低下



骨格筋によるアンモニアの解毒作用が増加



BCAAの骨格筋での消費が上昇する

・肝臓でのエネルギー産生が低下



骨格筋によるエネルギー産生↑



BCAAの骨格筋での消費が上昇

いつ服用するのが良いのか?

いつエネルギーが不足する?



肝硬変など肝機能が低下しているときは
グリコーゲンを分解し、グルコースを作り出す



「夜間」はエネルギー摂取がないため不足してしまう。



そのため「寝る前」の服用がよい

※就寝前のエネルギー摂取をLESという。
Late evening snack

向いているもの

・200kcalぐらいのエネルギー
・糖質を含むもの
・消化のよいもの

アミノレバン®ENは当てはまる

参考資料
病気と薬パーフェクトbook 2010 p468-472
各添付文書

folder 高尿酸血症・痛風

痛風と偽痛風について~共通点と違い~
more...