いなかの薬剤師

~日々の学びの手助けに!なるべく簡潔にわかりやすく~

Home » 検査値 » レムナント様リポ蛋白コレステロール (RLP)とは?

レムナント様リポ蛋白コレステロール (RLP)とは?

calendar

reload

レムナント様リポ蛋白コレステロール (RLP)について簡単に整理する。
まとまりが悪いので今後修正致します

スポンサーリンク

①レムナント様リポ蛋白コレステロール とは?

色々な表現があるので・・・まとまっていないが整理

・レムナントは「残り物」を意味する

・VLDLやカイロミクロン(CM)などのリポ蛋白が
リポ蛋白リパーゼによって分解されて生じる中間産物の総称

・食事由来のカイロミクロンや肝臓より分泌される
超低比重リポ蛋白質(VLDL)が加水分解され、
粒子の小さくなったリポ蛋白質のこと

・血中TG-richリポ蛋白が代謝の過程で何らかの障害を受け速やかに代謝されず、
血中に長時間うっ滞されるリポ蛋白の総称

※RLPは健康な人は、すぐに代謝されて肝臓に取り込まれるが
メタボリックシンドロームの人は長く血液に留まり
、食後の高脂血症の原因となる。

②特徴

悪玉コレステロールは酸化変性してから
マクロファージ(白血球の1種)に取り込まれるのに対し
RLPは、変性なしでマクロファージに取り込まれる。
(酸化を受けなくてもマクロファージに取り込まる)



マクロファージを泡沫化させて動脈硬化を進展させてしまう
(泡沫化細胞を形成しやすい)

※中性脂肪(TG)が高い人で増加すると言われている

※中性脂肪(TG)が高く、善玉コレステロール(HDL)が低い人に多い傾向

※日本人の心筋梗塞発症後の患者において レムナント高値患者は、
冠動脈疾患の再発率が高いことが分かってきている

③RLPの基準値

基準値 7.5mg/dL以下

補足
「糖尿病」、「冠動脈疾患」等の動脈硬化高リスク症例においては、
空腹時5.2mg/dL以上をハイリスクとする。

※RLP検査はおおよそのレムナントリポ蛋白の量を測ることができる
3ヶ月に1回が保険適応

※RLPコレステロールは外因性レムナントを含むため空腹時と食後の値に差がある。
外因性→食事由来や小腸由来

※RLPコレステロールは健常者では食後3-4時間で最高となる

④RLPを低下させる薬

フィブラート系、
スタチン系(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、
イコサペント酸エチル(EPA)、
エゼチミブ(ゼチーア®)
ナイアシン(ニコチン酸とニコチン酸アミドの総称で水溶性ビタミン)、
シロスタゾール(プレタール®)などが知られている

参考資料
メタボリック・シンドロームの診断指標としての
レムナント様リポ蛋白(RLP)コレステロール
モダンメディア52巻6号2006 櫻林 郁之介 他

レムナントリポ蛋白とnon‐HDLコレステロール
心臓VOl.43,No4.2011 p458‐p464 藤岡由夫

この記事をシェアする

コメント

down コメントを残す




folder 便秘・下痢(緩下薬・止瀉薬)

センノシドと大腸メラノーシス
more...

folder 栄養・サプリメント

葉酸とは ?~胎児での意義も~
more...

folder 糖尿病・糖尿病治療薬

GLP-1受容体作動薬と胃腸障害 について
more...

folder 胃腸・消化器関連

FIB4index について~肝線維化の指標~
more...

folder 脂質異常症・コレステロール

ベザフィブラートと腎機能 について(ベザトール)
more...

folder 腎臓関連

腎障害とHb の関係について
more...