いなかの薬剤師

~日々の学びの手助けに!なるべく簡潔にわかりやすく~

Home » 痛み・鎮痛剤 » トラマール (トラマドール)の特徴について

トラマール (トラマドール)の特徴について

calendar

reload

トラマール (トラマドール)の特徴について
以前は、同成分の薬剤を横並びでまとめたがトラマールについてまとめる

関連記事
トラマドール(弱オピオイド)を含む薬剤(トラムセット®、トラマール®、ワントラム®)~特徴をざっくりと~

スポンサーリンク

トラマール (トラマドール)の特徴

医療用麻薬ではないオピオイドに分類されている

効能・効果

  • 非オピオイド鎮痛剤で治療困難な下記疾患における鎮痛
    • 疼痛を伴う各種癌
    • 慢性疼痛

※非オピオイド鎮痛剤で治療困難な場合に使用する。例えば、アセトアミノフェンとかNSAIDsとか・・・

用法・用量

「通常、成人にはトラマドール塩酸塩として1日100~300mgを4回に分割経口投与する。なお、症状に応じて適宜増減する。ただし1回100mg、1日400mgを超えないこととする。」

用法・用量の注意点はかなり多いので添付文書を確認してほしい。
ポイントだけ下記に抜粋する。

・開始用量は25mgが望ましい
・4~6時間ごとに服用すること
・投与開始後の増減の目安は、1回25 mg(1日100 mg)ずつ行うことが望ましい。
・中止する場合は、退薬症状を抑えるため徐々に減量すること
・75歳以上の高齢者では1日用量が300mgを越えないことが望ましい

【慢性疼痛に使用する場合の注意】
「慢性疼痛患者において、本剤投与開始後4週間を経過してもなお期待する効果が得られない場合は、他の適切な治療への変更を検討すること。また、定期的に症状及び効果を確認し、投与の継続の必要性について検討すること」

→4週間経った段階で効果があるか確認する必要がある

【がん患者への使用する場合の注意】
・がん疼痛患者におけるレスキュードーズは、臨時追加投与の1回投与量として、定時投与中の本剤の1日量の1/8~1/4を経口投与すること

・1日の定時投与が300mgで効果が不十分な場合は、トラマドールを中止して強オピオイドへの変更を考慮する。
モルヒネに変更する場合は、定時投与量の1/5の用量の経口モルヒネを初回投与量の目安とすることが望ましい。

作用機序・薬理作用

「上行伝導路」と「下行抑制路」両方に作用する。
上行伝導路では、μ受容体作動薬として働くことで痛みの伝導路を遮断する
下行抑制路では、μ受容体作動薬として働くことで痛みの抑制系を賦活化する(強めるイメージ)。
また、ノルアドレナリン・セロトニンの再取り込み阻害作用により下行抑制路の活性化する。

※モルヒネの効力を1としたときの力価は5分の1
※μ受容体に対して完全作動薬として働くので、鎮痛効果に天井はなく、用量依存的に効果を発揮する
※セロトニンの再取り込み阻害作用があるため、セロトニンを増やすような薬剤とは併用注意である。
セロトニン症候群に気をつける必要がある

その他の特徴

・痛みの原因に関係なく鎮痛効果を発揮する
・依存性は低い(0.001%以下)
・服用開始時に「悪心」「嘔吐」「眠気」が起こりやすい。医療機関によっては吐き気止めなど併せて処方する場合がある。
※添付文書にも「運転などに従事させないように」と記載がある。

参考資料
添付文書、インタビューフォーム

folder 栄養・サプリメント

葉酸とは ?~胎児での意義も~
more...

folder 糖尿病・糖尿病治療薬

DPP-4阻害薬の特徴 について
more...

folder 脂質異常症・コレステロール

ベザフィブラートと腎機能 について(ベザトール)
more...

folder 腎臓関連

腎障害とHb の関係について
more...