いなかの薬剤師

~日々の学びの手助けに!なるべく簡潔にわかりやすく~

Home » 皮膚科 » ブロメライン軟膏の特徴ついて~パイナップル!?~

ブロメライン軟膏の特徴ついて~パイナップル!?~

calendar

reload

スポンサーリンク

ブロメライン軟膏の特徴

個人的には、褥瘡で出されるケースを目にすることが多い。
滲出液を吸収するとか・・・壊死組織に使えるとか・・・簡単にまとめる

効能・効果

「熱傷・褥瘡・表在性各種潰瘍・挫傷・切開傷・切断傷・化膿創などの創傷面の壊死組織の分解、除去、清浄化およびそれに伴う治癒促進」

→壊死組織が付着した潰瘍に用いる。

 用法・用量

「ガーゼ、リントなどに適量の軟膏をのばし、潰瘍辺縁になるべく触れないようにして塗布。1日1回交換する。創傷面が清浄化し、新生肉芽組織の再生が認められた場合は使用を中止する。 」

※褥瘡に適応がある外用剤で1日1回(添付文書)のものは限られる。
ゲーベン®クリーム、フィブラスト®スプレー、ブロメライン®軟膏

特徴

パイナップルから抽出された植物性蛋白分解酵素数種の混合物である。
パイナップルの果汁または葉茎より製した軟膏。

基剤は、水溶性基剤のマクロゴールであり滲出液を吸収する

※滲出液の有無の確認をすること
滲出液が多い時は、ドレッシング材ではなくガーゼで保護するのが基本である。

また、水溶性基剤であるため、
ブロメライン軟膏自体は水で洗い流すことが出来る

主薬であるブロメラインは、壊死組織除去作用を持つ酵素製剤であり
蛋白を分解する作用がある。



「アルギニンとアラニン」「アラニンとグルタミン」のアミノ酸結合を加水分解
することにより蛋白質を分解する

※正常な皮膚に付いた場合、傷つける可能性がある



軟膏を使用した際に「発赤」「痛み」を生じることがある



壊死組織以外を守るためにワセリンやワセリン基剤のものを用いる
壊死組織の周りに塗っておくと良い。

ガイドライン上の位置づけは?

【日本褥瘡学会のガイドラインにおける推奨度】

壊死組織に対してブロメライン®軟膏は、推奨度C1

※C1:根拠は限られているが、行っても良い
ちなみに、カデックス®、ゲーペン®クリーム、ユーパスタ®、ヨードホルム®
それぞれC1である。

【日本皮膚科学会ガイドラインにおける推奨度】

壊死組織に対してブロメライン®軟膏は、推奨度1D

※エビデンスの高さはA~Dの4段階。Aが最高、また数字の1は推奨するという意味
カデックス®軟膏は、1A
ヨードホルム®1C

2つのガイドラインを見比べると、エビデンス的にはカデックス®軟膏が一歩リード?

余談

ブロメラインを含む内服薬としてヘモナーゼ®配合錠がある。
成分:ブロメライン・トコフェロール酢酸エステル配合剤
「痔」などに適応がある

参考資料
滲出液の状態別にみた薬剤選択(外用剤)の例 マルホ株式会社
ブロメライン®添付文書・インタビューフォーム
ヘモナーゼ®添付文書・インタビューフォーム
マルホ株式会社 問い合わせ
日本褥瘡学会ガイドライン
日本皮膚科学会ガイドライン

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




folder 便秘・下痢(緩下薬・止瀉薬)

センノシドと大腸メラノーシス
more...

folder 栄養・サプリメント

葉酸とは ?~胎児での意義も~
more...

folder 糖尿病・糖尿病治療薬

GLP-1受容体作動薬と胃腸障害 について
more...

folder 胃腸・消化器関連

FIB4index について~肝線維化の指標~
more...

folder 脂質異常症・コレステロール

ベザフィブラートと腎機能 について(ベザトール)
more...

folder 腎臓関連

腎障害とHb の関係について
more...