いなかの薬剤師

なるべく分かりやすく簡潔に

Home » 動画 » 鉄剤(フェログラデュメット®・フェロミア®・インクレミン®など)の共通点と違いについて~ざっくりと~

鉄剤(フェログラデュメット®・フェロミア®・インクレミン®など)の共通点と違いについて~ざっくりと~

calendar

reload

鉄剤(フェログラデュメット®・フェロミア®・インクレミン®など)の共通点と違いについて~ざっくりと~

~フェログラデュメット®・フェロミア®・インクレミン®などの共通点・違いについて解説

スポンサーリンク

①共通点

・適応症:鉄欠乏性貧血

・禁忌:鉄欠乏状態にない人

→薬局でも「検査値」や「医師に鉄が欠乏していると言われた」か確認するべき

・副作用 :「悪心」「嘔吐」 

1~2割の患者に見られる 高齢者や男性には少ない。
女性に多い。
この副作用は、薬剤中の鉄の含有量に比例する(用量依存的)

※空腹時の方が吸収されやすい。
しかし、悪心(ムカムカした感じ)の副作用が出やすくなってしまう

・便が黒くなることがある。

→小児に出す場合、親にも伝えておかないと意外と驚かれる。
心配いらないことを伝える必要はあるだろう。
※高齢者からも時々「便が黒くなったけど大丈夫?」と聞かれたり、それが原因で自己中止してしまうので伝えた方がよい。

・歯が茶色?茶褐色に着色する場合がある
添付文書での対応は「重曹などで歯を磨くこと」

→家族や施設のスタッフには伝えておくと良さそう

②違い

徐放性鉄剤: フマル酸第一鉄(フェルムカプセル®)、 硫酸鉄(フェロ・グラデュメット®)

・溶け出し方:胃から腸にかけて吸収される。

・胃の中で急速に鉄が放出されることがないため、
胃の粘膜への影響は少ない。
「空腹時」にも服用可能

・胃酸が必要のため、胃がん等で「胃を切除している人」には使えない。
(胃酸によりFe2+になる)

・制酸剤(胃酸が減ってしまうため)との併用に注意

※【フマル酸第一鉄(フェルム®カプセル)】の特徴

鉄剤の中で最も単位重量当たりの鉄含量が高いため
少量の服用量で十分な効果が期待できるらしい

非徐放性鉄剤:クエン酸第一鉄ナトリウム(フェロミア®)、 溶性ピロリン酸第二鉄(インクレミン®シロップ)

【クエン酸第一鉄ナトリウム(フェロミア®)】

胃酸によるFe2+への変化が必要ない非イオン型の鉄剤。
「食後」でも吸収に影響しない (広いpHで溶解する)
 
「中性」から「塩基性」でも腸管吸収が可能な可溶性低分子鉄

※向いている人(低酸状態でもOK)

・制酸剤を服用している人
・胃酸が少ない人
・胃を切除した人
・高齢者にも使いやすい
・嚥下困難な方には顆粒剤がある

※胃を刺激するFeイオンを遊離しにくい

 【溶性ピロリン酸第二鉄(インクレミン®シロップ)】

・さくらんぼの匂い
・Fe3+製剤なので必ず「胃酸」が必要
・胃を切除した人はNG
・消化器の副作用は最も少ない
(私の勤める薬局の近所の医師は高齢者・嚥下困難者に処方される)

※ただし、添付文書上の適応は15歳までしかないので疑義照会は必要だろう

おまけ:クエン酸第一鉄の簡易懸濁法の様子

参考資料
日本内科学会雑誌 第99巻 第6号 
フェルム®カプセル、インクレミン®シロップ、フェロミア®錠・顆粒、フェログラデュメット®
各添付文書・インタビューフォーム

この記事をシェアする

コメント

  • […] 「動悸」、「息切れ」、「立ち眩み」、「倦怠感」、「顔色が悪い」「爪の中央部の凹み」「スプーン爪」「口内炎」、「舌炎」「氷を以上に食べたくなる」「むずむず脚症候群」※むずむず脚症候群→不眠につながる妊娠週数とともに悪化することが分かっている鉄欠乏貧血について詳しくはこちらを参照 […]

    by 妊婦と貧血~リスク・診断基準・理由・鉄の摂取推奨量について~ | いなかの薬剤師 2020年9月19日 10:55 PM

down コメントを残す