いなかの薬剤師

Home » 栄養・サプリメント » 亜鉛(Zn)について~亜鉛不足、摂るべき量、食べ物等~

亜鉛(Zn)について~亜鉛不足、摂るべき量、食べ物等~

calendar

reload

亜鉛(Zn)について~亜鉛不足、摂るべき量、食べ物等~

スポンサーリンク

①亜鉛とは?

金属元素であるが人の栄養維持などに必須の物質である。
医療や介護的には褥瘡の管理にも大切な栄養素である。
タンパク質の合成、上皮形成に関与している
そのため、亜鉛が不足すると褥瘡の治りが悪かったりする。
寝たきりの高齢者などは注意する。

②亜鉛不足

不足すると何が起こる?

味覚障害、成長障害、免疫力低下、傷が治りくいなどの症状が出る。
脱毛も最近注目されている。

日本臨床栄養学会では下記のように示している
「皮膚炎、口内炎、脱毛症、褥瘡、食欲低下、発育障害(小児で体重増加不良、低身長)、性腺機能不全、易感染性、味覚障害、貧血、不妊症」
亜鉛欠乏症の診療指針(2018)より

日本臨床栄養学会が2018年に作成した亜鉛欠乏症の診療指針

③摂るべき量は?

日本人食事摂取基準

日本人食事摂取基準2015によると
1日の摂取の推奨量は18~69歳の男性で10㎎、70歳以上の男性で9㎎、18~69歳の女性で8㎎、70歳以上女性で7㎎となっている。
妊婦、授乳婦では付加量が設定されている。
妊婦で+2mg、授乳婦で+3mgである。

※推奨量:ほとんどの人が必要量を満たす量

※参考:耐用上限量は
男性は年齢により、40mg~45mg、女性で35mgである。

過剰症がずっと続くと、銅や鉄の吸収阻害が起こることがある。
そのため、貧血、神経障害、下痢、HDLコレステロール低下などが知られている。

栄養機能食品としての表示

栄養機能食品は、表示が決まっているので参考までに載せる

【1日当たりの摂取目安量に含まれる成分量】
上限量:15mg
下限量:2.1mg

【栄養機能表示】
「亜鉛は、味覚を正常に保つのに必要な栄養素です」
「亜鉛は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です」
「亜鉛は、タンパク質、核酸の代謝に関与して健康の維持に役立つ栄養素です」

【注意喚起表示】
本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。亜鉛の摂りすぎは、銅の吸収を阻害する恐れがありますので、過剰摂取にならないように注意してくださ。1日の摂取目安量を守ってください。乳幼児、小児は本品の摂取を避けてください

※医薬品ではないのでマイルドな表示となっている
※Dear-Naturaの亜鉛サプリには亜鉛14mgとセレン、銅が入っている。

③亜鉛を多く含む食べ物

肉、魚介、種実、穀類などに多く含まれている
具体的には、そば、カニ、牡蠣(カキ)、卵、牛肩ロース

参考資料
亜鉛欠乏症の診療指針(2018)日本臨床栄養学会
日本人食事摂取基準2015
Dear-Natura亜鉛サプリの表示

この記事をシェアする

コメント

  • […] 亜鉛が不足するとどうなるかは別記事でまとめている今回は亜鉛との相互作用に注意が必要な医薬品だけに注目する禁忌ではないので注意する程度だが知っておくと良い。関連記事亜鉛(Zn)について~亜鉛不足、摂るべき量、食べ物等~ […]

    by 亜鉛と医薬品の相互作用について | いなかの薬剤師 2020年8月3日 7:00 午前

down コメントを残す