いなかの薬剤師

~日々の学びの手助けに!なるべく簡潔にわかりやすく~

Home » 痛み・鎮痛剤 » トリプタノールと片頭痛 の予防~適応外使用~

トリプタノールと片頭痛 の予防~適応外使用~

calendar

reload

トリプタノールと片頭痛 の予防~適応外使用~について
一般名は、アミトリプチリンである。

スポンサーリンク

トリプタノールと片頭痛

片頭痛の予防として使われることがあるので知っておくと良い。
地域性があるかもしれないが、薬局薬剤師も特定薬剤管理指導加算を算定する場合に重要になってくる。

添付文書上の効能・効果

「精神科領域におけるうつ病・うつ状態、夜尿症、末梢性神経障害性疼痛」

※痛み関連で言うと、「末梢性神経障害性疼痛」がある。

ガイドライン上の用法

慢性頭痛の診療ガイドラインによると下記のように書かれている。
「アミトリプチリンは片頭痛の予防に有用である.
低用量(10~20mg/日,就寝前)から開始し,効果を確認しながら漸増し10~60mg/日の投与が推奨される。」

※寝る前だけの場合もありうる。低用量からスタートする必要がある。

特徴

・慢性頭痛患者の抑うつ状態が併発している場合、していない場合両方に有効である。

・抗うつ薬がなぜ片頭痛に効果があるかは、はっきりと分かっていない。セロトニンが関与していると考えられている。

・片頭痛だけでなく緊張型頭痛にも使える。

・発作の再発を抑えるため毎日飲む必要がある

保険上の取り扱い

医薬品の適応外使用に係わる保険診療上の取り扱いについて、厚生労働省保険局医療課長より平成24年9月24日付けで、通達が出されている。
内容は以下に一部引用する。

「平成24年9月24日新規
・アミトリプチリン塩酸塩【内服薬】
・主な製品名 •トリプタノール錠、ノーマルン錠、アミプリン錠
使用例、原則として、
「アミトリプチリン塩酸塩【内服薬】」を「片頭痛」、「緊張型頭痛」に対して処方した場合、当該使用事例を審査上認める
。」



「片頭痛」と「緊張型頭痛」について保険上認められている

参考資料
トリプタノール®添付文書、インタビューフォーム

医薬品の適応外使用に係る保険診療上の取扱いについて
保医発0924第1号平成24年9月24日

Couch JR, Hassanein RS. Amitriptyline in migraine prophylaxis. Arch Neurol 1979; 36(11):695-699.

Couch JR, Ziegler DK, Hassanein R. Amitriptyline in the prophylaxis of migraine. Effectiveness and relationship of antimigraine and antidepressant effects. Neurology 1976; 26(2):121-127. •

Gomersall JD, Stuart A. Amitriptyline in migraine prophylaxis. Changes in pattern of attacks during a controlled clinical trial. J Neurol Neurosurg Psychiatry 1973; 36(4):684-690.

慢性頭痛の診療ガイドライン2006


folder 便秘・下痢(緩下薬・止瀉薬)

センノシドと大腸メラノーシス
more...

folder 栄養・サプリメント

葉酸とは ?~胎児での意義も~
more...

folder 糖尿病・糖尿病治療薬

GLP-1受容体作動薬と胃腸障害 について
more...

folder 胃腸・消化器関連

FIB4index について~肝線維化の指標~
more...

folder 脂質異常症・コレステロール

ベザフィブラートと腎機能 について(ベザトール)
more...