いなかの薬剤師

~日々の学びの手助けに!なるべく簡潔にわかりやすく~

Home » 循環器 » クロピドグレル錠 (プラビックス)の特徴について

クロピドグレル錠 (プラビックス)の特徴について

calendar

reload

クロピドグレル錠 の特徴についてまとめる。
先発品は、プラビックス®であるが、非常にたくさん使われている

関連記事
クロピドグレルとCYP2C19について 

チクロピジン (パナルジン)の特徴について

スポンサーリンク

クロピドグレル錠 (プラビックス®)の特徴

チクロピジンの改良型であり、薬理作用はほとんど同じである。
効果は同等でありながら、副作用の頻度は減っている。
チクロピジンの添付文書には「警告」があるが、クロピドグレルには、それがない
規格としては、クロピドグレル錠25mgとクロピドグレル錠75mgが発売されている。

効能・効果

「・虚血性脳血管障害(心原性脳塞栓症を除く)後の再発抑制
・経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される下記の虚血性心疾患
・急性冠症候群(不安定狭心症、非ST上昇心筋梗塞、ST上昇心筋梗塞)
・安定狭心症
・陳旧性心筋梗塞
・末梢動脈疾患における血栓・塞栓形成の抑制」

※脳、心臓、末梢と万遍なく適応がある。

用法・用量

【虚血性脳血管障害(心原性脳塞栓症を除く)後の再発抑制】
「通常、成人には、クロピドグレルとして75mgを 1 日 1 回経口投与するが、年齢、体重、症状によりクロピドグレルとして50mgを1日1回経口投与する。」

※出血の恐れや出血の素因がある者は、50mg1日1 回から服用すること

【経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される虚血性心疾患】
「通常、成人には、投与開始日にクロピドグレルとして300mgを1日1回経口投与し、その後、維持量として1日1回75mgを経口投与する」

【末梢動脈疾患における血栓・塞栓形成の抑制】
「通常、成人には、クロピドグレルとして75mgを1日1回経口投与する」

※50mgの患者を見た場合に、添付文書上はどの病態かなって考えることは大切である。
「虚血性脳血管障害後の再発抑制」だと分かる

※食後の指定はないが、添付文書に下記の記載があるので「食後」の方が良い。
「空腹時の投与は避けることが望ましい。国内第 1 相臨床試験において絶食投与時に消化器症状がみられている。」

作用機序

血小板活性化作用のあるアデノシン酸リン酸(ADP)のADP受容体(P2Y12)に選択的、不可逆的に結合する

血小板の膜タンパクの活性化を阻害する。
ADPによる血小板の活性化を特異的に阻害する

また、cAMPを増やし、血小板内のカルシウム濃度を抑えることで
血小板因子による凝集反応を抑制する

その他の特徴

・休薬期間の目安は、14日間
※血小板凝集抑制が問題となるような手術の場合には、14日以上前に投与を中止することが望ましい

・バイアスピリンとの違いの1つは、バイアスピリンより出血リスクは低い
・クロピドグレルは、皮疹が主な副作用である。
・チクロピジンの重篤な副作用の頻度が約半分
※血栓性血小板減少性紫斑病、無顆粒球症、肝障害など

・チクロピジンと同等の血管性イベントの抑制がある
・主な薬物代謝酵素はCYP2C19である。
・クロピドグレルは、粉砕可能

参考資料
プラビックス®添付文書、インタビューフォーム

この記事をシェアする

コメント

  • […] クロピドグレル(プラビックス®)は、1日1回の服用であり、粉砕も出来る非常に優れた薬剤である。ただし、主な代謝酵素がCYP2C19なことが理由で使えないケースがある。そこがクロピドグレル(プラビックス®)とプラスグレル(エフィエント®)との大きな違いなので簡単にまとめる。関連記事クロピドグレル錠(プラビックス®)の特徴について プラスグレル(エフィエント®)の特徴について […]

    by クロピドグレルとCYP2C19について | いなかの薬剤師 2021年3月16日 7:00 AM

  • […] チクロピジン (パナルジン)の特徴について簡単にまとめる。作用機序や副作用、服薬指導の際のポイントについて載せている。クロピドグレル錠などとの違いを理解することは大切である関連記事クロピドグレル錠 (プラビックス)の特徴について […]

    by チクロピジン (パナルジン)の特徴について | いなかの薬剤師 2021年4月13日 8:59 PM

down コメントを残す




folder 栄養・サプリメント

葉酸とは ?~胎児での意義も~
more...

folder 脂質異常症・コレステロール

ベザフィブラート(ベザトール®)と腎機能について
more...

folder 高尿酸血症・痛風

尿酸値と尿酸の役割について考える
more...