いなかの薬剤師

抗菌薬選択圧と菌交代現象の違いについて~耐性菌を防ごう~

calendar

reload

抗菌薬選択圧と菌交代現象の違いについて~耐性菌を防ごう~

・耐性菌の発現メカニズムについてもざっくりとまとめる

→抗菌薬の使用に関係「する」ものと「しない」ものを整理する

・耐性菌伝播の「抗菌薬選択圧」と「菌交代現象」について理解する

おまけ:ESBLについて

スポンサーリンク

①耐性菌の発現メカニズムについて

抗菌薬を使用すると必然的に発生するもの
(もともとある遺伝子の変異によるもの)

もともと「染色体」上に存在している抗菌薬標的部位(タンパク質)の遺伝子
が「変異」することにより耐性化


・耐性菌の拡大を防ぐためには?

耐性菌「発生そのもの」を抑制するための適正使用が大切



適切な抗菌薬の「選定」と「十分な量」・「期間」による治療達成
※中途半端でもダメだし、使用期間が長すぎてもダメ

使用状況の確認や見直しなどをしていく必要がある

・耐性菌の例

フルオロキノロン耐性大腸菌・緑膿菌
カルバペネム耐性大腸菌・緑膿菌
PISP(penicillin-intermediate resistant Streptococcus pneumoniae)
PRSP(penicillin-resistant Streptococcus pneumoniae)
MRSA(methicillin-resistant Staphylococcus aureus)
など

抗菌薬を使用しても自然には発生しない

「もともと耐性遺伝子を持っているもの」

あるいは・・・

「他の耐性菌から耐性遺伝子を獲得したもの」
(耐性菌の情報はプラスミドによって伝達される)


・抗菌薬適正使用での工夫

耐性菌の「患者間伝播」・「拡散防止」を目的とした適正使用
→『選択圧』とならないような複数の抗菌薬の使い分け

※「手すり」「医療機器」「皮膚」などを清潔に保つことも大切

・耐性菌の例
MRSA(methicillin-resistant Staphylococcus aureus)
VRE(vancomycin-resistant enterococci)
ESBL(extended-spectrum β-lactamase)産生菌(下記に補足あり)
など

補足:耐性菌と感性菌

「耐性菌」とは反対に、抗菌薬が効く菌を「感性菌」という。
アメリカでのデータでは、感性菌と比べ耐性菌による死亡率は2~3倍もある

②抗菌薬選択圧と菌交代現象について

抗菌薬選択圧とは?

耐性菌が発現。あるいは、接触感染などにより獲得



抗菌薬の使用により、
「感受性菌」は死滅、「耐性菌」が生き残る現象




これを「抗菌薬選択圧」という。

菌交代現象について

上記の「抗菌薬選択圧」の状態が生じる



「耐性菌」が増殖する



「耐性菌」が「感受性菌」より増殖する現象を
「菌交代現象」という

③おまけ

ESBL(extended-spectrum β-lactamase)産生菌とは?

基質拡張型β-ラクタマーゼ産生菌のことである。

ESBLは、細菌の名前ではなくβ-ラクタマーゼの一種

ペニシリンしか分解できなかったβ-ラクタマーゼ(=ペニシリナーゼ)が変異し、
セフェム系まで分解できるようになったもの

ESBL産生菌は大腸菌など腸内の細菌に多く、尿路感染症などの原因となる

※β-ラクタム系抗菌薬を分解する酵素のこと

参考資料
日本臨床微生物学会ファクトシート 2016,6