いなかの薬剤師

~日々の学びの手助けに!なるべく簡潔にわかりやすく~

Home » 循環器 » BNPとNT-proBNPについて~ざっくりと~(追記予定)

BNPとNT-proBNPについて~ざっくりと~(追記予定)

calendar

reload

ポイント
BNPが心機能、NT-proBNPが心機能に腎機能を含めたようなイメージをもつこと
明確な目標値はないが、心不全の場合BNP200以下を目標とされていることがある。

薬局で見るときは、個人差の大きい数値のため
前回の数値や過去の数値と比較してどうかを評価し、悪化してないかの判断などが
出来ればよいと思う。
イメージしにくい数値のため、薬局にて患者から質問されることもある数値なので
ざっくりとしたイメージを持っておくとスムーズに対応できるのではないだろうか。

補足(心不全でない場合もある)

スポンサーリンク

①ナトリウム利尿ペプチドについて

Na排泄を伴う利尿と血管平滑筋弛緩作用を有するペプチドである。
ANP、BNP、CNPなどがあり、臨床でよく見るのはBNPである。
ANP:心房性ナトリウム利尿ペプチド(心房で生合成される)
BNP:脳性ナトリウム利尿ペプチド
CNP:C型ナトリウム利尿ペプチド

※非心血管患者の心臓におけるANPとBNPの分布は、
ANP→心房97%、心室3%
BNP→心房23%、心室77%
※色々あるが、今回はBNPの方だけに注目する

②BNPとNT-proBNPについて

BNP:脳性ナトリウム利尿ペプチド
NT-proBNP:脳性ナトリウム利尿ペプチド前駆体N端フラグメント

BNP前駆体が産生され、血中に出るときに2つに別れる。
BNPは、生理活性(生物学的活性) があり、
NT-proBNPには、生理活性(生物学的活性)がない。

心疾患などで心室や心房筋が伸展されるとBNPとNT-proBNP
が分泌される。
心室筋、心房筋のどちらかも分泌される

これらの検査値の数値は、ガイドライン上基準値が設けれていない。
個人差が大きいこともあるので、あくまで目安である。
画像所見や他の臨床状態とを組み合わせて用いられる。
この数値で確定診断はありえない。
過去の数値と比較してどうかを見ることも多い。
この数値以上が心不全とか決められていない。

BNPは心臓の機能をメインに
NT-proBNPは心機能と腎機能の状態を含めた数値と覚えるとイメージしやすい

BNP

ブタやイヌの脳から単利同定されたが、ヒトでは脳にほとんど分布していない。
「心室」で生合成、分泌される。
BNPは、心室筋細胞内で産生され、心室の容量負荷をきたす場合BNPが増加する。
また、10%ほど心房でも分泌されるので「心房細動」でも軽度上昇する。

半減期:約20分

→この短さがポイントで、ある程度その時の心臓の状態を反映している

慢性心不全患者の場合
200以下を目標に、出来れば180以下
もし100以下に出来たらさらに良い
下がっていくことで心機能は良くなっていくとのこと
(本音は2桁にしたいらしい)
BNPが高いということはwall テンション(左心室)が上がっているということ。
通常は、腎臓が悪くなって上がるものではない。

NT-proBNPについて

半減期NT-proBNPが約120分です。

→BNPより半減期が長いことがポイント

代謝のほとんどが腎臓からの排泄に依存しているため
腎機能により影響を受けやすい。

eGFR30ml/min/1.73m2未満では増加の程度が大きるとのこと


※BNPより心不全の時、上昇する比率が大きいと言われている

※何度も記載するが、
基本的に、BNPやNT-proBNP値をある数値以下に
維持しなければいけないという目標値はない。

補足(心不全でない場合もある)

※急性期の心不全を除外するためのカットオフ値
BNP100未満、NT-proBNP300未満(欧州心臓病学会)

※腎不全がなければ2つの数値は相関するので
NT-proBNP=BNP×6
という換算式も存在する

※NT-proBNPの一過性の上昇は、発作性心房細動の発見に役立つ

※心房粗動ではNT-proBNPあまり上昇しない
(心房細動より心房筋が拡張しないため)

※心室期外収縮ではあまりNT-proBNPは上昇しない

参考資料
Hosoda K, at al. Hypertension 1991; 17(6 pt 2): 1152-1155
異常値の出るメカニズム第4版 河合 忠 他 
心不全研修会資料
慢性心不全治療ガイドライン(2010年改訂版)

この記事をシェアする

コメント

  • […] 心不全の状態で心臓の働きを頑張らせようとしてRAAS系が亢進する。このアンジオテンシンⅡによるアンジオテンシンⅡタイプ1(AT1)受容体刺激作用に対抗するホルモンとして、「ナトリウム利尿ペプチド系(BNP)」が分泌される。「ナトリウム利尿ペプチド系(BNP)」がRAAS系による亢進を抑制するのである。このバランスが整っている場合は代償期であるが・・・さらに心不全が進行すると抑制(ナトリウム利尿ペプチド系)<亢進(RAAS系)の関係になってしまう(心不全が悪化する)。※BNPについては、別記事のこちらも参照 […]

    by サクビトリルバルサルタン(エンレスト®)錠の特徴と心不全(関連事項) | いなかの薬剤師 2020年11月26日 1:32 AM

  • […] 基質としては、ナトリウム利尿ペプチド系、アンギオテンシンⅡエンケファリン、ブラジキニン、サブスタンスP、βアミロイドなどが報告されている。実は、アンギオテンシンⅡの基質であることも意外とポイントである。心不全の治療薬のサクビトリルバルサルタン(エンレスト®)錠を考える上で重要になってくる。サクビトリルがネプリライシンを阻害する作用だけで良いのではないか?という問題がある。バルサルタンは必要なのかと・・・ネプリライシンを阻害することでBNPの分解を抑えて、BNPの持つ心不全にとってよい効果があるのであれば・・・バルサルタンはいらないのでは?と思ってしまう。ただ、ネプリライシンは、アンギオテンシンⅡの分解の役割もあるため・・RAAS系の亢進も起こしてしまうのだ。RAAS系の亢進は心不全にとって良くないので、ここを抑えるためバルサルタンが含まれている。ネガティブなところをカバーしている。※ネプリライシンを阻害するとブラジキニンの分解も抑制するため血管拡張作用も増強する※βアミロイドは認知症の進展にも関係するため、色々な方面で創薬に期待されている※ナトリウム利尿ペプチド系は、ANP、BNP、CNPが有名である。簡単に説明するとナトリウム利尿ペプチド系は、生体で最も強力な内因性のNa排泄・降圧利尿ホルモンである。BNPとNT-proBNPについてはこちら […]

    by ネプリライシン(neprilysin)について~心不全の分野で注目~ | いなかの薬剤師 2021年1月18日 2:05 PM

down コメントを残す




folder 栄養・サプリメント

葉酸とは ?~胎児での意義も~
more...

folder 脂質異常症・コレステロール

ベザフィブラート(ベザトール®)と腎機能について
more...

folder 高尿酸血症・痛風

尿酸値と尿酸の役割について考える
more...