いなかの薬剤師

~日々の学びの手助けに!なるべく簡潔にわかりやすく~

Home » 糖尿病・糖尿病治療薬 » インスリンの保管方法 について(日常の注意点)~夏場や冬場も特に~

インスリンの保管方法 について(日常の注意点)~夏場や冬場も特に~

calendar

reload

インスリンの保管方法 について、日常の注意点をまとめる。特に夏場や冬場は困ることがあると思うので知っておくと良い。

関連記事
インスリンとクレゾール について~保存剤の意義を再確認~

スポンサーリンク

①インスリンの保管方法 の注意点

基本的事項

使用前は冷蔵庫保存(凍結を避ける)
使用中は30℃を超えないようにする

※冷蔵庫保存(2℃から8℃)

※インスリンは蛋白質だということを忘れてはいけない
高温になると熱変性が起こる

熱変性が起こるとどうなるの?
使用前に混ぜるタイプ→うまく混和できないとか沈殿物が出たりする
透明なタイプ→白濁することがある

※このような変化があれば使用しないようにする
※使用前に混ぜるタイプは、変性が起こっても元々懸濁されているので分かりづらい・・・

冷蔵庫内での注意点

凍結を避けるにはどうすればよいのかというと・・・
まずは、下の3点に注意すると良い。

・フリーザー内や吹き出し口からの冷風が直接あたる場所に置かないこと
・冷蔵室内を「強冷」に設定した場合、凍結することがある
・凍結を避けるため冷却風の当たらないドアポケットなどに入れると良い

※特に冷蔵室と冷凍室が一緒になっているタイプのものは注意する
冷凍室の近くに置くと凍結してしまうので・・・
ホテルにありそうなタイプのあれ!

②日常の注意点

・自動車の中は温度が高くなるため注意する。
50℃以上になることもある。
旅行中などはインスリンをバッグに入れて運ぶが、
旅行バッグにインスリンを入れたまま
車の中などに放置することがあるので注意

・窓際などの直射日光が当たる場所は注意する
リビングやキッチンなど

・トースターなどの熱源となる電化製品の近くは高温になるので置かない

・飛行機に乗るときには機内に持ち込む
※貨物室は凍結することがあるらしい・・・これは怖い

③夏場の注意点

夏の旅行など炎天下で長時間持ち歩く時は、保冷剤を使う。
「冷蔵庫」で冷やした保冷剤をいっしょに保冷バックに入れる。

※このときインスリンに直接触れないようにする。
※「冷蔵庫で冷やす」というのがポイント。「冷凍庫で凍らせた」保冷剤だと温度が下がりすぎる可能性がある。

保冷剤がない場合は、冷やしたペットボトルでもよい。
また、湿らせたタオルやハンカチをビニール袋で入れて
インスリンを包むというやり方もある(気化熱利用)

④冬場の注意点

外気で凍結しないようにしないといけない!
凍結しないようにする必要がある。

・タオルにくるんで持ち歩く
・内ポケットに入れて持ち歩く

※インスリンは一度凍ると変性してしまうことを忘れてはいけない・・・

参考資料
インスリン製剤の夏場の保管時に注意いただきたいこと
日本イーライリリー株式会社
ノボ ノルディスク ファーマ糖尿病領域製品
ご使用の患者さんへ
ノボ ノルディスク ファーマ

この記事をシェアする

コメント

  • […] インスリンとクレゾール について簡単にまとめる。保存剤の意義を知っておくと良い。一般的にインスリン製剤は、使用する前は冷所に保存して使用を開始すると室温で保存する。その理由について簡単に触れたいと思う。関連記事インスリンの保管について(日常の注意点)~夏場や冬場も特に~ […]

    by インスリンとクレゾール について~保存剤の意義を再確認~ | いなかの薬剤師 2021年4月16日 7:33 AM

down コメントを残す




folder 便秘・下痢(緩下薬・止瀉薬)

センノシドと大腸メラノーシス
more...

folder 栄養・サプリメント

葉酸とは ?~胎児での意義も~
more...

folder 糖尿病・糖尿病治療薬

GLP-1受容体作動薬と胃腸障害 について
more...

folder 胃腸・消化器関連

FIB4index について~肝線維化の指標~
more...

folder 脂質異常症・コレステロール

ベザフィブラートと腎機能 について(ベザトール)
more...

folder 腎臓関連

腎障害とHb の関係について
more...