いなかの薬剤師

~日々の学びの手助けに!なるべく簡潔にわかりやすく~

Home » その他 » クロタミトンとアレルギー性接触皮膚炎について

クロタミトンとアレルギー性接触皮膚炎について

calendar

reload

外用剤に含まれるクロタミトンについて簡単にまとめる。
「痒みを抑えるため」や「主成分の溶解剤」として配合されていることが多い。
意外と添加物としても使われている成分である。
今回は、アレルギー性接触皮膚炎に絞ってみる

スポンサーリンク

クロタミトンとアレルギー性接触皮膚炎

クロタミトンは、難溶性医薬品との間に複合体を形成し、溶解度を増加する役割がある。また、吸収促進作用も有する。
ステロイド外用剤やインドメタシン製剤などに含まれる。

このクロタミトンがアレルギー性接触皮膚炎を起こしたという報告があるので注意する。

どういう時に問題なの?

先発品から後発品への変更や・・・その逆のパターンでもありうるが、
クロタミトンを含まない製品から含む製品へ切り替えた場合に
接触皮膚炎を起こす場合がある。
ステロイド外用剤の場合は、後発品(ジェネリック医薬品)の方がクロタミトンを含むことが多いので注意が必要である。

他にも同じ主成分の薬剤でも
軟膏にはクロタミトンを含まないが、クリームに含む場合
同じような問題が生じることがある。

薬剤の例

【主成分として使われているもの】

・オイラックス®クリーム
・オイラックス®Hクリーム

【剤形によって違うもの】

・マイザー®
・ボアラ®

※軟膏には含まないが、クリームには含まれるもの

【貼付剤】
•アドフィード®パップ
•セルタッチ®パップ
ロキソニン®パップ
•モーラス®パップ、パップXR

※他にも抗真菌薬に含まれることもある。
また、ステロイド外用剤や抗真菌薬は、指間や粘膜部に使うこともあるので・・
皮膚炎には十分に注意する必要がある。

おまけ:一般用医薬品(OTC)

一般用医薬品でも接触皮膚炎に注意が必要なものはいくつかある。
今回のクロタミトンもそうだが、
他にもジフェンヒドラミンやL-メントールでの報告があるので知っておくと良い。

参考資料
重篤副作用疾患別対応マニュアル 薬剤による接触皮膚炎
厚生労働省

Hausen BM, Kresken J: The sensitizing capacity of crotamiton, Contact Dermatitis, 18:298-299,1988

Rietschel RL, Fowler JF, Jr: Reactions to topical medications-Fisher’s Contact dermatitis, fourth ed,Williams&Wilkins, USA, 1995,143

オイラックス®添付文書、インタビューフォーム
マイザー®添付文書、インタビューフォーム
ボアラ®添付文書、インタビューフォーム
アドフィード®パップ、添付文書、インタビューフォーム
セルタッチパップ、添付文書、インタビューフォーム
ロキソニン®パップ、添付文書、インタビューフォーム
モーラス®パップ、パップXR、添付文書、インタビューフォーム

folder 栄養・サプリメント

葉酸について~胎児での意義も~
more...

folder 脂質異常症・コレステロール

ベザフィブラート(ベザトール®)と腎機能について
more...

folder 高尿酸血症・痛風

尿酸値と尿酸の役割について考える
more...