いなかの薬剤師

~日々の学びの手助けに!なるべく簡潔にわかりやすく~

Home » 利尿薬 » トルバプタン (サムスカ)の特徴について~単独投与可能な場合・不可能な場合を整理~

トルバプタン (サムスカ)の特徴について~単独投与可能な場合・不可能な場合を整理~

calendar

reload

トルバプタン(サムスカ) の基本的に導入は入院している間。
ただし、薬局に戻ってきた際に何に注意すればいいのか?

スポンサーリンク

①トルバプタン (サムスカ®)の特徴

作用機序

腎臓の集合管に存在するバソプレシンV2受容体に対する拮抗作用により、
アクアポリン-2(水チャネル)の発現を抑制し 水の再吸収を抑制することで
利尿効果を示す。



つまり 体内の「水」、「水分」だけを排泄する利尿薬である。

注意点・副作用

「水」だけを排泄するため注意すべきことがある。

電解質上昇に注意する。
→血液が濃くなるイメージ

下記のような危険性がある。

・脱水→血栓症、血栓塞栓症
・高ナトリウム血症→意識障害
・高カリウム血症→心室細動、心室頻脈 ・肝機能障害

確認すべきこと

薬局でも確認し「薬歴」に記載すべきことは物凄く多い。
薬局でも可能なチェック項目

・体重

・口渇 →口渇を感じない人、飲水困難な患者へは禁忌

・血圧、脈拍数

・尿量(施設の方や家族などに確認。外来は厳しいかな?)
→水分のoutが1L/日を超えると注意

・トイレの回数→夜間頻尿を避けるため午前中服用推奨

・ナトリウム値、カリウム値

・AST・ALT
→吐き気、食欲不振、黄疸の有無

その他5%以上に「めまい」「頭痛」「口渇」「便秘」「尿酸上昇」など
→「検査値」や「自覚症状」等、「薬歴」に記載は必要だろう

※高ナトリウム血症が起きやすい人
高齢者・低体重者・女性・体液喪失時(発熱・・嘔吐・下痢) など

②トルバプタン の単独投与について

基本的には、他の利尿剤と使用するが、単独投与で使用するケースがある。
それについて簡単にまとめる。

他の利尿剤:ループ利尿薬、サイアザイド系利尿薬、抗アルドステロン薬等

単独投与可能

【肝硬変における体液貯留

病態の場合によって、低ナトリウム血症や低カリウム血症が考えられる。
ただし、他の利尿剤との併用が基本のため、
レセプトのコメントなどに「低ナトリウム血症のため」など入れると良いとのこと

【常染色体優性多発性のう胞腎

利尿効果を目的としていないため単剤投与
→1日60mgスタートであり、1日2回内服
→この疾患に処方を出す場合、医師はeラーニングを受けている必要がある。

サムスカ®を大量に使うことで、のう胞が腎臓に溜まるときの
水分吸収を抑える。のう胞の増量を抑える目的。

【SIADHにおける低ナトリウム血症】

この場合も利尿作用を目的としていないため単剤投与可能である
通常は、1日1回7.5mgであり、最高用量は1日60mg

単独投与不可能

【心不全における体液貯留

治験の段階で、ナトリウム利尿を起こす利尿薬との併用で試験をしている。
そのため保険的にも併用でないと通らない

疾患がわからない場合は、「疑義照会」が必要だろう。
15mgを超えたら「常染色体優性多発性のう胞腎」の可能性があるので
問い合わせをするようにしている。

トルバプタン の補足

・飲み始めて5日くらいでうっ血による呼吸困難の改善がみられる。
・開始・再開は入院中に、用量調節は医院やクリニックで可能
・一包化・粉砕可能

使用上の注意改訂2018.10

血清ナトリウム濃度が125mEq/L未満の患者、
急激な循環血漿量の減少が好ましくないと判断される患者、 高齢者、
血清ナトリウム濃度が正常域内で高値の患者に投与する場合は、
半量(7.5mg)から開始することが望ましい。

→ナトリウムが正常範囲内でも注意が必要

参考資料
サムスカ®添付文書・インタビューフォーム
メーカー勉強会資料

この記事をシェアする

コメント

  • […] 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群 は、バソプレシン分泌過剰症とも呼ばれる。SAIDH:Syndrome of inappropriate secretion of antidiuretic hormone関連薬剤のサムスカの単独投与については下記の記事を参照のことトルバプタン(サムスカ)の特徴について~単独投与可能な場合は?~ […]

    by 抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SAIDH)による低ナトリウム血症の「なぜ」と「薬剤」 | いなかの薬剤師 2021年4月8日 7:00 AM

  • […] 肝硬変では、「肝細胞の線維化による門脈圧の上昇」や「アルブミンの合成能の低下」による細胞外液の血管外漏出が起こる。そのため、有効な循環血液量が減少したり、腹水(浮腫)の症状が出る。意外と利尿薬を選択する上でヒントになるのが有効循環血液量の低下によるRAAS系が亢進である。レニン・アンジオテンシン・アルドステロン系の亢進が腹水に影響しているため抗アルドステロン作用のあるスピロノラクトンがよく使われる。それでも効果が不十分な場合にループ利尿薬を重ねたりする。カリウム系の副作用などを考えて併用されるケースは多い。※ただし、電解質へ影響しないトルバプタン(サムスカ®)の単独投与も最近は注目されている。サムスカ®の単独投与のことは下記の記事を参照のことトルバプタン(サムスカ®)について~単独投与可能な場合は?~  […]

    by ループ利尿薬 の基本的な考えと使われ方について~今後追記予定~ | いなかの薬剤師 2021年4月14日 3:27 PM

down コメントを残す




folder 便秘・下痢(緩下薬・止瀉薬)

センノシドと大腸メラノーシス
more...

folder 栄養・サプリメント

葉酸とは ?~胎児での意義も~
more...

folder 糖尿病・糖尿病治療薬

GLP-1受容体作動薬と胃腸障害 について
more...

folder 胃腸・消化器関連

FIB4index について~肝線維化の指標~
more...

folder 脂質異常症・コレステロール

ベザフィブラートと腎機能 について(ベザトール)
more...

folder 腎臓関連

腎障害とHb の関係について
more...